MENU

蓄膿症が口臭をきつくするのはなぜ?

蓄膿症に苦しむ女性

 

蓄膿症と言う病気をご存知でしょうか?!

 

新聞などで蓄膿症のケア用品の広告をよく目にしますが、
これはポピュラーな上にしつこいことで有名な病気です。

 

ごく普通に風邪を引いた時、治ったと思ったら
何だか目の下や鼻の脇などが痛い…。
そんな風にして「急性副鼻腔炎」が起こります。

 

風邪の時に体内でできた膿がたまりこんでしまい、
目などを圧迫している仕組みです。

 

鼻水は黄色く濁って膿状態になり、つまりがとれない…というもの。
これを放置しておくと、「慢性副鼻腔炎」つまり蓄膿症に
発展してしまうのです。

 

この仕組みをよく理解し、早目に医療機関を受診して、
抗生物質などを投与すれば改善されるのですが、
しっかり治さないと後をひくやっかいな病気です。

 

そして、この蓄膿症が口臭を併発する場合があります。

 

鼻の奥中心にたまった膿の臭いが、
口を通って出てきて口臭のように臭う、というケース。

 

仕組みとしては、蓄膿症の方は詰まっている鼻孔よりも、
口を使って呼吸することが多いので、本来は鼻の臭いが
口臭として感じられてしまうのです。

 

それでも、本人は鼻が詰まっているので気づきにくいもの!
周囲の人間が注意できればよいのですが、この蓄膿症と口臭の関係、仕組みに
ついては思い当らない場合が多いと思うので、
「何だか変だなあ…」と放置してしまうことがあるかもしれません。

 

まずは早期に気付いた上で、急性副鼻腔炎、蓄膿症の初段階において、
早急に医師に相談を仰ぐことが大切です。

 

独自検証レポ

その他効果について

他社サプリとの比較

口コミ情報

楽臭生活の安全性

損しないために知っておきたい情報

Q&A

楽臭生活の有用成分について

口臭お役立ち情報

その他臭いに関する情報

このページの先頭へ
経済指標